不動産の表記1

不動産の賃貸情報誌やインターネットの賃貸住宅検索サイトを見ていると、さまざまな賃貸住宅の構造や間取り、広さなどについて表記されています。

不動産 賃貸住居を選ぶとき

表記の意味

この表記されている文字は、K、DK、LDKなどの意味は大体知っていると思いますが、一帖が何uなのか、ベランダとバルコニーの違いなどを知らない方も多いと思いますので、ここでは、表記されている意味について説明して行こうと思います。もちろん知っている人は飛ばしても構いません。知らない人はここでしっかり不動産用語を覚えておきましょう。

1 「K」、「DK」、「LDK」、「S」

知らない人は少ないと思いますが、一応説明しておきたいと思います。間取りでは必ず記載されているこの「K」、「DK」、「LDK」ですが、この意味と具体的な区切りはどこなのでしょうか。

◇ワンルーム(1R)

キッチンと部屋の間に仕切りがないタイプを1Rと言います。一般的には20uほどの1人暮らし専用の賃貸住居なのですが、最近では、30u以上の広めの1Rも増えてきているようです。

◇1K

キッチンと部屋の間の仕切りがあるタイプで、1つの部屋とキッチン(K)が1つという意味を表します。もし部屋が2つあれば2Kとなります。1Kのキッチンの広さはさまざまですので、明確な基準と言うのはありませんが、2帖〜4帖ほどのキッチンの場合、「K(キッチン)」と表示していることが多いそうです。

◇1DK

キッチンと部屋の間の仕切りがあるタイプで、1つの部屋とダイニングキッチン(DK)が1つと言う意味です。もし部屋が2つあれば2DKとなります。DKのキッチンの広さはさまざまですので、明確な基準と言うのはありませんが、4.5帖〜8帖ほどのキッチンの場合、「DK(ダイニングキッチン)」と表示していることが多いそうです。

◇1LDK

キッチンと部屋の間の仕切りがあるタイプで、1つの部屋とリビングダイニングキッチン(LDK)が1つと言う意味です。もし部屋が2つあれば2LDKとなります。LDKのキッチンの広さはさまざまですので、やっぱり、明確な基準と言うのはありませんが、8帖以上ほどのキッチンの場合、「LDK(リビングダイニングキッチン)」と表示していることが多いそうです。

K(キッチン)、DK(ダイニンングキッチン)、LDK(リビングダイニングキッチン)の明確な基準はありませんので、不動産会社、賃貸情報誌、インターネットの賃貸住宅検索サイトによって、全く同じ部屋だったとしても、表記している間取りが違う場合があります。借りるか検討する場合は、必ず現地を確認するようにしましょう。

◇S

Sとはサービスルームのことを表しています。Sと表記するわけは、法律による制限があるためです。建築基準法では、床面積の7分の1以上の開口部、つまり窓がないと居室(部屋表示)としての扱いができないのです。そのような居室の扱いできないスペースをサービスルームといいます。そのため、極端な話、住居の9割ほどの広さがあっても、窓が床面積の7分の1未満の場合は、サービスルームとなります。

賃貸情報誌や賃貸住宅検索サイトなどでは、、「2LDK+S」などと表記されています。それでもサービスルームは一般的には、比較的狭いスペースの場合が多くて、書斎や物置などとして使用されていることが多いそうです。また、サービスルームを「フリールーム」と呼ばれることもあります。

不動産の表記2へ続く

Favorite

最終更新日:2014/9/18